Weblog of S-ppc.com

静岡市まちづくり公社って何してる会社?
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 第17回ヘリポート祭り開催しました! | main | 幼児3Bたいそう教室 >>

第2回ワールドカフェ開催

どもども
昨日は超秋晴れでしたね〜ってか秋晴れってよりも真夏日そんな暑くはないか・・・
寒いよりはいいですけどね〜

さてさて、昨日はワールドカフェという催しものがありました。
ワールドカフェって言ってもなかなかピンと来ない人が多数だと思います。ワタシも初めて聞いたときは喫茶店とか思っちゃいましたもの・・・ベタなボケとか言わないで・・・
簡単に説明しますと、お茶でも飲みながら上下関係抜きでぶっちゃけ話しをしましょうよって会なんです。会社での会議となると上司や部下の関係が必ずあって、なかなか本音をぶつけあうって難しいじゃないですか。でもそれじゃポジティブな意見も出ないってことで考えられた会議手法なんです。



で、本日の議題は「もう一度来たくなるまちはどのようなまち」と「あなたが参加できるまちづくり」の2つ。皆さんだったら再び遊びに行きたくなるような理想のまちってどんなまちですか
今日は清水地域の活性化が主な話題でしたが、ホント清水の中心市街地って衰退しちゃいましたよね・・・昔は清水銀座商店街(パル通り)&清水駅前銀座アーケード商店街に行けば何でも一通り揃う感じでしたが、今は郊外店の出店により・・・確かに郊外店は駐車場も無料ですし、何でも揃いますもんね。
でもやはり我々銀ブラ世代には銀座が昔のように活気ある商業地域として復活をしてもらいたいと思っています。郊外店には無い魅力もあるだろうし、このあたりでは珍しい全天候型アーケード(駅前銀座のみ)も備えているんですから、天候に左右されずイベントも開催可能
葵区、駿河区の賑わいをみせる場所ですらそれだけのアーケードを備えているところはないですよね。でも、なぜ人が集まらないのか一言で言えば魅力でしょうか。生活用品を取り扱っている店はあっても、何となく入ってみたくなるような怪しいお店があったりしたら、きっと若い子達も銀座に寄るのでは
以前富山のまちづくりを視察に行ったことありますが、チャレンジショップなるものがあり、若い子たちの独立支援の為に、行政と民間が手を組み出資し設立された「まちづくりとやま」が閉店等で空家状態の店舗を借り上げ、安価でスペースを貸し出しするというものでした。
そのようなところで若い子たちが自分の実力を試し、また経営のスキルを学ぶことによって独立となった場合のアフターフォローまでしっかりとできています。これって清水に限らずどこの地域でも可能な取り組みなのではないでしょうか。
良い取り組みはどんどん取り入れていくべきだと思いますが、皆さんはどう思われますか

話しが銀座中心になってしまいましたが今回のカフェでは色々意見が出ていましたよ
今までまちづくりといえば行政と商店街だけというイメージがありましたが、このカフェに参加するだけでまちづくりに参加していると言えると思います
公社では今後も第3回、第4回と開催してまいりますので、是非参加下さいますようお願い致します

まちづくり支援 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://weblog.s-ppc.com/trackback/186
この記事に対するトラックバック